たった半日で体より大きいうんちを出した幼虫の話

朝食用に、ベランダのサラダ菜を収穫したところ、チョウっぽい幼虫がついてきました。一直線にすると3㎝弱位の幼虫。

もう捕殺にも慣れ、いつもならやっちゃうんだけど、サラダ菜が余ったのであります。

れで、「お前、ウンがいいな。たんまり喰いなよ」

と、サラダ菜ごと台所の台の上に放置しておきました。

 

昼になって。

そろそろご飯作ろうと、ひょいっと見たら、

ゲゲッ!もんのすごい量のうんちが。

はじめは黒い卵じゃないか?と疑うほどの量で、いやもうビックリしました。

 

でもその時ふと、気づいたんです。

これ全部、幼虫の体に入ってたんだろうか。。?

どうみても、うんちの量が、体の大きさを超えている

 

人間のうんちが体積を超えるのに、一体何日かかるのか?

それをこの幼虫はたった半日で。。

 

左にいるのが幼虫です。右のしなびた葉っぱを喰い散らかしてここまできたようです。

ここに見えるうんちはほんの一部ですからね。もっとたくさん出したんですからね。

f:id:naru443:20200624180205j:plain

 

私の想像ですが、幼虫はこの半日、サラダ菜を食べれるだけ食べ、消化しながら、出しながら、食べる、この並行作業をしていたのだと思います。

 

サラダ菜を食べることだけに全神経、全体力を使う、すごい奴だと思いました。