被服費はどこまで減らせるか?

f:id:naru443:20200801215621p:plain

 

いつまで働けるか先がみえないこのご時世、お金をかけずに生きる術を身につけることはとても大切です。

 

今回は、家計の項目の一つである「被服費」をどこまで減らせるかを考えました。

 

世の中の平均的な被服費の目安は?

f:id:naru443:20200801234102p:plain


まず、被服費の考え方ですが、下着、靴下、服(大人・子供)、礼服、帽子、靴、カバンなど、身につけるもの全てを「被服費(衣服費)」とします。

 

布団などの寝具やタオルは、ここでは含めません。

 

2019年8月の総務省の家計調査(二人以上の世帯)によると、被服及び履物の支出は約月9,131円(世帯員数平均2.96人)。月9,131円ですので、年間にすると109,572円になります。1人あたり、月3,000円程度です。

 

2017年に総務省が行った「家計調査」では、1世帯あたりの洋服代の平均は「男性4,358円」「女性6,957円」という結果だったことからも、女性の方が多いのは納得ですが、その2年後は随分減ったようですね。

 

なるほど。不景気のつけは被服費にくるということですね。。 

 

私としては、スーツ1着買っても数万円、ビジネスシューズも1,2万円はする感覚だったので、こんなお金で済んでいることは、ものすごい驚きでした。

 

思えば、私はスーパーでは割引にこだわる癖に、服には無頓着だったと思います。洋服代はいくらまでとか、考えたことがありませんでした。セールになると「お得❤お得❤」と買っている「安物買いの銭失い族」でしたから。

 

でも、コロナを機に在宅勤務で外出しなくなり、ショップに目がいかなくなったせいか、服への執着がすっかりなくなってしまいました。

 

これって経済的にはヤバい人なんでしょうけど、私のような人は今はたくさんいるのではないでしょうか? 

 

かわりに、ずっと家にいるせいで、家の中のごちゃごちゃが気になりだしました。

改めて家の中を見渡してみると、洋服の多いこと!

買って一度も着ていない服なら転売もできますが、数回着た服がわんさかありました。今思えば、なんて無計画に散財していたのでしょうか。その分を投資に回していれば、ひと財産作れたものを! 私ったら、こんな後悔の連続だわ。

 

洋服代をどこまで減らせるか?

f:id:naru443:20200801234545p:plain


ということで、改めて被服費をどこまで減らせるか考えました。

ここでは一番お金のかかるだろう、外勤サラリーウーマン(私)の場合で考えます。

 

下着

ショーツ、ブラジャーは、通年使いますが、某下着メーカーがすすめるパンツの交換時期は「70回くらい洗濯をしたら」だそうです。同じパンツを週に2回洗濯すると、9カ月位が目安ということになりますが、私の経験では1年は持つ気がしています。

 

最近は3COINSのショーツとブラが売れてるそうですね。安いからそれで計算してみます。ショーツ(300円)&ブラジャー(1000円)×3セット(予備で1セット)あれば、通常のサイクルで回せますから、年3,900円で済みそうです。

 

夏はキャミやタンクを買っていましたが、ここは工夫の余地がありそうです。

 

① 春秋用に長袖カットソーを買って着倒す→ 袖を切って夏用のTシャツにリメイクする → ヨレヨレになったら袖も首回りも切ってタンクトップにリメイクする

 

これで お洋服様に三顧の礼 を尽くし、普段着のTシャツと下着シャツのコストが不要になります。(何だか貧しさを感じますが、どこまで減らせるかなのでガマンです)

 

冬は裏起毛インナーを着ます。超寒がりなのでユニクロの起毛シャツは手放せません!セールを狙って1着1000円で買うので、3着(+予備)で回せそうです。年の半分しか着ないので、毎年1着ずつ交換していく想定で、年間1,000円となりました。

 

下着:計4,900円

 

靴下

かつてはストッキングにパンプスで通勤していましたが、ある頃からかスニーカー通勤するようになったら、楽すぎて後戻りできなくなりました。それからは専ら靴下です。

 

私は普段、NIKEなどスポーツメーカーの足裏が厚手の靴下を、ドンキで4足1000円で買っています。これで通勤も、アフター5のフィットネスジムも、週末も全部事足りる上に、1年は軽く持ちます。(ストッキングや黒タイツは過去のストックが大量にあり)

 

計1,000円

 

当面何も買う必要がない位持っているので実は 0 円ですが、何も持っていないと想定して、全部ユニクロで調達するとして、どこまでに抑えられるか考えてみます。前提として、客先へ行く以外は私服と兼ねます。

 

オールシーズン

ボトムス…オールシーズン用のパンツ1,900円×3着(年に1着交換)→1900円/年

職場でも使えるように、Gパンぽくない色素材を選びます。

 

・コート、2年に1着×1万円を交換→5000円/年

・起毛長袖シャツ1,000円×3着(年に1着交換)→1000円/年

・重ね着用セーター3000円×2着(年に1着交換)→3000円/年

 

春秋

長袖シャツ1500円×3着(年に1着交換)→1500円/年

 

半そでシャツ…春秋用の長袖シャツをリメイク →0円/年

 

仕事で客先に行く服

通年ボトムとブレザー(5000円)を組み合わせる。ブレザーは2着を着回す。

ブレザー1着5年使用 →2000円/年

 

計:14,400円/年

こんなに最低限で回しても、結構お金がかかるものですね。

 

ヒールの靴は持っているものを使い続けるとして、今は、通勤でも使えるネイビーなどの色のスニーカーを私生活と兼用で使っています。年中2足(セールで1足4000円だった)で回していますが、物持ちがいいのかな?2年位は持ってます。

 

計:4,000円/年(今年は買う予定ないので0円です)

 

カバン

通勤カバンには社員証を入れているので、普段使いとは分けています。11,000円の通勤リュックをメルカリで4,000円でゲットしました。これ、2年目に突入ですが、カメラ用リュックなのでとても丈夫で長持ちしています。

 

計:2,000円/年

 

合計

合計:26,300円/年(月2,200円)

となりました。

昔は1着数万円の服を当たり前のように買っていましたから、その頃と比べると格段に被服費が減ってはいるものの、ここまでオシャレを度外視して切り詰めても最低これだけはかかるとはっ!

 

まとめ

被服費って、あまり考えもせずに買っていましたが、ギリギリまで切り詰めても毎月最低でも2000~3000円はかかりそうです。

 

そう考えると、世の中の平均が3000円というのは少し怪しく思えてきます。相当に倹約をしないと回りませんよ、これは!

 

とはいえ、ネットサーフィンしていても、通勤中や移動中でも、いろんなショップが誘惑してきますから、気を抜くと何十万円も使ってしまうかもしれません。だからこそ、節約による効果が大きい家計項目でもあります。

 

被服費を減らそうと思うと、どこまで服への執着を捨てるか、そこに尽きるかもしれませんが、ある意味これもコロナ病なのか、服への執着がなくなったこの機会に、服減らしをしたいと思います。