神戸三ノ宮にポ茶リングでマイソルトを生産

f:id:naru443:20210601024007p:plain

ここ連続して京都だったので、今回初めて神戸三ノ宮にポチャリングしました。

今回は総距離90km位なのに、京都100kmより疲れましたよ…。

♪~ 行きも帰りも~ 繰り返すアップダウン~

 

こういう道ほどビギナーと達人の差が出ますね。。よしまるは走り(動き)にムラがあるし体幹はないしで疲れます。まぁ…在宅腹にはいい運動になりました。この調子で続けなければっ。

 

朝8:30に心斎橋で集合してスタートです。

 

師匠が計画してくれたルートで、行きは西風なので山側を、帰りは海側を走ります。福島経由で北上、淀川~神崎川~を越えて山手幹線を走りました。山手幹線は二号線と並走しているけど交通量は少ないだろう、ということでした。

 

神戸方面はサイクリングロードがないのでほぼ車道を走るのですが、淀川サイクリングロードに慣れたよしまるは、信号や車を気にせず走る癖が。。師匠から度々注意されました(-_-;)

 

今年は例年より1カ月早く梅雨入りしたので今はそのど真ん中なんですが、この日は「え、今梅雨だっけ?」と思うほど快晴でした。うれしいはずなんですが、もう暑くて暑くて…。ほぼ確実に10年後のシミをこさえましたわ。

 

はじめての、マイソルト生産

尼崎辺りから、師匠があと20kmで三宮だよって教えてくれました。

 

よっしゃ! このペースでお昼前に着いて美味しいランチ食べるゾ。ハイテンションで走っていたら、中盤からアップダウンの連続になりました。いつものよしまるソングはいつのまにか沈黙にかわっております。

 

六甲辺りの信号で止まった時、無意識に顔を触ったらジャリジャリしました。

よしまる「うわぁー、なんじゃこりゃー!! 師匠、顔に砂がっっ!」

師匠「…それは塩ですね」

よしまる「へぇー、こんな内陸でも海風が来るんですねぇ」

師匠「何を言ってるのですか? それはあなたの塩ですよ。」

よしまる「なに、私の塩!? イッツ マイソルト?」

師匠「そう、ユアソルト。嘘だと思うなら舐めてみたらどうですか?」

(師匠は常に落ち着いています)

 

ペロ… 確かにショッパイ。

この暑さで塩を生産したよしまるでした。

 

登り坂は、外側の太腿の付け根でペダルを踏め!

これまでよしまるは、足を上げることを意識してペダリングしてきました。片足を上げるともう片方の足が自然と下がる、そうすると疲れずに進めるのです。

 

紀の川に初ライドした時、15km地点で太もも痛いわ膝ガクガクだわ、となってしまい、そこから楽に進むために教えてもらった方法です。

 

アップダウンが多い今回は、新たに登り坂のコツを教えてもらいました。

 

外側の太腿の付け根あたりの筋肉を意識してペダルを踏むように、とのこと。やってみると、なるほどこれは、体幹を使う(腹筋を使う)感覚だなと思いました。サスガ師匠、今回もレベルアップの機会をありがとうごぜーます。

 

マヒシャ最高!

このアップダウンいつまで続くの…とメンタルが弱ってきた頃、11時半に神戸三ノ宮に着きました。片道3時間、お腹空いた。。

すぐそこにあった中華屋さんでお腹を満たした後、お決まりのスイーツへGO!

 

師匠はパフェ大好きなんですが、 今回はよしまるの希望を聞いてもらいました。なんか、紅茶と美味しい焼き菓子って気分だったんですよ。

 

ググって★4.3だった「マヒシャ」という紅茶&ケーキ屋さんに入りました。

雑居ビルの地下ってところから、すでに只ならぬ予感はしてたけどね。いやぁ、素晴らしかったです。紅茶もケーキも◎!確実にお気にの店にランクインしました。

f:id:naru443:20210529130526j:plain

 

書きたいことがあり過ぎて1記事起こしました。

 

 

街角のかわいいピアニスト

思いがけず、いい出会いがありました。

ビルの谷間を走っていると、ショパンのピアノが聞こえてきました。柔らかな風に乗って、あぁなんて素晴らしいんだろう。うっとり。

 

ラスト少ししか動画を取れず、好きなフレーズをお伝えできないのが悔しいですが、演奏が終わって立ち上がった少女は、このすごい演奏をした人とは想像できないほど小柄であどけない笑顔でびっくりしました。まだ12才だそうです。

 

Yundi Li の14回ショパンコンクールの演奏を思い出しました。彼女もいつか大きな舞台で拍手喝采を浴びるのかな。

 

青空に映える、BE KOBE

f:id:naru443:20210601020609j:plain
三ノ宮といえば、BE KOBEでしょう!と言われて立ち寄りました。

はぁ?BE KOBE知らんの?とビックリされました。この白いシンボルでみんな写真を撮るんですって。よしまるもパシャッ。青空と青い海に白い文字が映えるわぁ~。

 

帰りはいくつも橋を渡るアップダウン

帰りは海沿いを走りました。

西国浜街道とやらを経由し、深江浜から鳴尾浜まで、橋をいくつも越えて十数キロ走りました。一本のアップダウンが行きよりはるかに長くて、なぜかかなり高い所まで上らなきゃいけなくて疲れました。まぁでも、広い歩道で車を気にしなくて済んだのは良かったです。

 

橋の登り口はどれもこんな感じ。でもこのてっぺんがゴールじゃないのよ。むしろそこが坂のスタートなんで、メンタル持ってかれますっ!

f:id:naru443:20210529153521j:plain

 

師匠がスイスイ走る後から「絶対に足を着かん!」とわけのわからん気合で必死でついていきました。顔赤いよ、と言われました。当然じゃい!

 

登り切った頂上は、遠い街まで見渡せて気持ちいいです。

f:id:naru443:20210601022542j:plain

 

ただ~し!

眺めるなら遠くを見ましょう。上の写真の船の通った跡ですが、近く(真下)を見るとこんなに茶色くて汚いです。うぉぉー、これはこれでビックリでしょう?

f:id:naru443:20210529154034j:plain

 

メロディーを思い出せなかった…悔

帰りはいつもなら歌ってしまうほど広くて眺めのよいルートだったのに、今回珍しく黙って走りました。(よしまるは走っているときほとんど歌ってます…)

 

というのも、歌おうと思ったWANIMAの曲のメロディーがどうしても出てこなくて。歌詞は思い出せるのにメロディーが出てこなくて。。なんか歯切れが悪くて素通りできず(そういう時あるじゃないですかっ)、必死に思い出そうと悪あがきしたら橋を5つとも黙って越えていました。

 

最近物忘れがあまりに酷くて、病気じゃないかしら?と心配になります。

先日同僚が、「それ病気だよ。僕も既に病気😊」と言ってきました。いやいやいや。

 

この思い出も忘れちゃうのかなぁ?やだな。そういう意味でもブログで書き留めておけば、読み返して思い出せるかもしれないからね。できるだけ書こうと思いました。