お湯の3段活用。少しの手間で心豊かになる!

f:id:naru443:20200709210551p:plain

 

談) この春から、ベランダで太陽熱温水づくりをしています。6月入ってペットボトル54℃ってテンション上がりまくり! え?私やばい人?笑いたきゃ笑えばいいですが、私も笑いが止まりません! これ楽しくってやめられないです。

 

節約の良さはお金だけじゃない。心が豊かになる

 

時間の余裕って大切ですね。節約に時間がかかってしまうと、豊かさがすり減ることも。日々負担なくできるかが、その方法を取り入れるかのポイントだと思います。

 

でも、 太陽光でお湯を作ったり、コンポストで生ゴミを減らせば、環境にいいです。

いいことした気になれます。ゴミが肥料に生まれ変わるのをみれて、純粋に楽しいです。自分で作った満足感。時間かかっても、そういうものとトレードして、たんまりお釣りがくると思います。

 

ペットボトルのお湯3段活用!

 

ここ10年ほど、冬になると必ずやっているお湯の3段活用を紹介します。

 

①熱いお湯をペットボトルに入れて風呂に入れる。お湯が冷めにくいです。

②それをバスタオルで巻いて、布団の足元に入れて湯たんぽ。天国~。

③翌朝、湯たんぽのお湯で洗顔。肌にやさしい最適なぬるま湯になっています。

 

貧乏くさいと思いますか?

私はそんなこと感じたことありません。

 

ですが、7年位前、会社で同僚とランチをしていて、たまたま節約の話題になったとき、私、得意になってこの3段活用を話したんですね。そうしたら「そこまでしなくても…」と、ドン引きされてしまいました。

 

それから歳月が流れ、最近はそういう価値観も受け入れられるようになったみたいで、 同僚にこの話をすると、「すごい賢いじゃん、私もしてみる!」と結構な高評価をもらいました。

 

1回の風呂湯は、こんなに使える!

 

春からやっている太陽光お温づくりは、6月に入って風呂湯の半量を賄ってくれています。夏になれば70℃超えると思うので、ほぼ全量をまかなえると思っています。

今は必要ないですが、冬になれば、太陽がくれたこのお湯は、食器洗い、湯たんぽ、洗濯、翌朝の洗顔にと、大活躍します。

 

f:id:naru443:20200509020246p:plain

 

どれぐらいの節約効果があるか?

 

冬季がまだこないので、皮算用してみました。

条件①

冬季就寝中は、エアコンを20℃でつけっぱなしにするのをなくして、湯たんぽで寝るとします。(我が家ではすでにやっていますが、一般家庭の場合です)

 

条件②

洗濯を平均で2日に1回行う

 

と仮定した場合、節約効果はごらんととおりです。 

f:id:naru443:20200509023652p:plain

 

1年で3万6千円、50年で180万円もたまる計算です。

 

これを小さいとみるか、大きいとみるか?

これを箸を使うように日課にできたら、とてもいいお小遣いだと思いませんか?

 

太陽熱温水のお風呂で、もっと豊かに

 

自作の太陽熱温水器については、どんな方法がよいか、いろんな条件で実験をしたので、よろしければこちらをごらんください。

 

ですが、節約効果だけでなく、太陽温水風呂に入るようになって、他にもプライスレスなメリットがたくさんありました。

 

このお湯に浸かるとなんだか幸せな気持ちになる

在宅勤務のお昼休憩を使って昼風呂に入るという非日常の快感

自然とお湯を大事に使うようになった

温かいお風呂に入れることに感謝するようになった

 

自分で湯を作ることで、風呂湯の量を温めるのってすごくエネルギーがいるのだと、改めて実感しました。そうしたら自然と大事に使うようになりました。

 

一緒にお風呂に入った娘も同じことを言っていました。

こういう感覚って貧乏臭いのと違う。大事な感覚な気がします。お湯を愛しく思えると、どうにかしてもっと大事に使おうって考えるようになる。これまで面倒でやらなかった風呂の残り湯を洗濯水に使ったり。

 

メリットはまだまだあります。

夏にはもっと温度が上がると思うと、テンションも上がる!

インフラ会社に頼らず、自分でお湯を作れる自己満足感!

太陽風呂は、晴れの日だけの楽しみ♪ という特別感!

 

いつもの風呂なのに、お湯の質が違うような錯覚に陥ります。

あぁ、夏が楽しみです!

よろしければお試しください。