「ミュート」された環境って、実はとても大事だった

f:id:naru443:20200626213812p:plain
 昨日、会社で商品勉強会があって、商品メーカーの方がスピーチした。

 コロナの影響下で、今回もウェビナー形式で行われたため、50名ほどがWeb会議システムに接続していた。まだツールの使用になれていない人もちらほらいるため、ウェビナーではお約束ルールである「ミュート」できてなくて、在宅勤務の雑音が入ってくる。

 雑音とはいえ、会話内容までわからないほどのレベルで、私自身はさほど気にならなかったのだが、ほんの少し雑声が混じるたびに、スピーチの人が

「まだ声がきこえています。ミュートしてください!」

と連発するので、この人かなり神経質なんだなー、逆にあんたが説明を切っちゃってるよ、と思ってました。その人はミュート依頼を少なくとも10回は飛ばしてましたね。

 

ところが!

 話が進むにつれ、全員が引き込まれていったんです。それはもう神がかったプレゼンで。皆が音もたてず、しーんと聞いていました。リモート接続なのに、全員が引き込まれているのが私にもわかりました。

 商品紹介が終わる頃には、なんて素晴らしい商品なんだ、と(おそらく)参加者全員がおもってしまったんです。その後の質問時間でも、「すばらしいですね」が連発してました。後で参加者の数名からも聞いたので間違いありません。それはもう、すばらしいプレゼンだったんです!

 

 勉強会の後で、商品メーカーの別の担当者と話しをしました。

「今日のスピーカーさん、ミュートをすごく気にしてましたね」

「あの人は、この商品だけでも300回ほどセミナーでスピーチしていて、それ以外にもさまざまな講義やプレゼンを、それはものすごい数こなしている、スーパースピーカーなんです。」

「なるほど。今日も神がかってると思いましたもの。」

「でしょう。その彼が、ミュートがちゃんとされているか、そうじゃないかで、聴衆の反応が全然違うのだと言うんです。なので、ものすごく気にするんですよね。ああいう神がかったスピーチをする人って、場の空気感や環境まで、すごく細かな所まで神経使うみたいです。」

 

これが、超つまらないスピーチだったら、鼻で笑ったところですが、とにかく神がかっていたもので、ぐぅのねも出ない、納得させられてしまいまいました。

 

たかがミュート、されどミュート。

雑音のない環境でスピーチするかどうかは、聴衆の印象にとても影響するのだと、勉強になりました。これからは、ウェビナーの機会がどんどん増えると思うので、ウェビナーでのスピーチノウハウ、なんてのが出てきそうですね。