(昼)エアコンなしで夏を乗りきろう-1 涼しい場所に出かけるのはあり?

f:id:naru443:20200816193411p:plain

 

本格的な夏がやってきました!

朝起きるとベランダでセミが鳴きまくって一日が始まり、寝るまでずっと暑いです。

 

そして夏は、よしまるにとっての 試練 です。

そう、電気代がかかるんです。

 

私、暑さにも寒さにも弱いんです。

夏はエアコンをガンガンつけてます。夜更かし型で、その間ずっとつけっ放し。そのつけが、ものすごーい請求書としてやってきます。

 

でもぉー!

節約投資を始めたのだから夏と冬は例外、なんて言いたくありません。。。のですが、実はこの夏すでに 3 回ほど、エアコンつけてしまいました。。

 

エアコンの電気代さえクリアできれば、節約投資のお金が順調に貯まるはずです。

そこでネットに出ている方法も調べながら、考えて試して、選りすぐってみました。

主観で書いているのでその点はご了承ください。

 

【昼間編】涼しい場所に出かけると節約になるの?

先日とうとうエアコンをつけてしまいました。この時期のエアコンは相当に毒気があり、今日は仕方ない、今日も、、とエンドレスになりそうです。

 

図書館やショッピングモールに行くのはどうか?

f:id:naru443:20200808082618p:plain


家で冷房を使いたくないなら、図書館やショッピングモールなど、エアコンの効いた涼しい場所に行く、という方法があります。

 

 「無料したいことができる」場所ならアリだね!

 

ただ、パソコンで仕事や動画を見たり、ネットサーフィンしたい場合に、無料で利用できるエアコンの効いた場所って、なかなか見つかりません。

 

また、移動中に暑くてヘロヘロになるのでは本末転倒です。

日頃から、目ぼしい場所がないか探しておくのがよいと思います。

 

カフェに行く のはどうか?

f:id:naru443:20200808082521p:plain


無料で長期滞在できる場所ってなかなかありませんが、スタバなどのカフェなら、長時間滞在しても許してもらえて好都合です。

ですがここで、コスパを考えると、

コーヒー代と、冷房費と、どちらが安い?

という議論が浮上します。

 

我が家のエアコン代で考えてみました。

現在我が家のエアコンは 1 台しかありません。

家族が1か所に集まって、そこにエアコンを集中的にかけるのが、冷暖房費は絶対的に安くなるからです。必要なら追加しようと思って、そのまま数年経ちます。

 

我が家のエアコン:DAIKIN F28VTES-W 10畳用

・冷房:消費電力(W) 780(125~930)

・暖房:消費電力(W) 860(135~1 390)

 

1kWhあたりの電力量料金を 31 円とすると、

電気代=消費電力(W) ÷ 1000 × 一日の使用時間(h) × 1kWhあたりの電力量料金

となるので、平均24円(3.9円~28.9円)/h となります。

最近のエアコンは性能が非常にいいですね。

 

となると、

300円のコーヒーで場所を得るなら、10.5 時間は滞在しないと元が取れない。

マクドナルドの100円コーヒーだと、3.5 時間は滞在しないと元が取れない。

ことになります。

 

これは夜2時間だけエアコンを使っちゃった日の、我が家のある日の電気使用量です。

 

これを見るとエアコンは実際には 0.4 kWh しか使っておらず、1時間あたり 12.4 円。メーカーの消費電力から計算したのよりも、さらに安かったです。それでも1日8時間つけていれば月3000円かかります。

f:id:naru443:20200816151707p:plain

エアコンを28℃:弱に設定して、たった2時間しか稼働させないのに。在宅勤務して、いつもの夜更かしをしたら、すごいことになります。カフェに行っても自宅にいても、被害は甚大です!

 

涼しい場所に出かけて行く まとめ

結論としては、

カフェに行くことと比べれば、環境を変えてリフレッシュしたい場合を除けば、必要なものがすぐ手に入るし、トイレも近いし、家でエアコンをつける方がコスパがよいですね。どっちにしてもコストがかかることは間違いありませんけどね、どっちかといえば、家、というだけです。

 

・移動に負担のない距離にある

・無料でしたいことができる

場所であれば、家よりコスパよし!となりました。

 

家にいることが、必ずしも安上がりというわけではありませんが、逆に外に出ればエアコン代が浮くと安易に思うのもよくありません。

日頃から、移動に負担のない距離で使える場所をチェックしておくとよいでしょう。

 

今回はここまでにします。

ほかにも試したことを書いていきたいと思います。