(昼)エアコンなしで夏を乗りきろう-2 扇風機の罠、裸であたり続けた結果

f:id:naru443:20200816193411p:plain
 

前回に引き続き、エアコンなしで快適に過ごすための方法について書いていきます。主観なのでその点はご容赦ください。

 

今回は、扇風機って役に立つのか?というテーマです。

 

扇風機って、エアコンと併用した方がいいとか、電気代が安いとか言われていますが、扇風機にあたっていて、体調が悪くなることってありませんか?

涼しくなりたくてつけたのに、返ってだるくなる感じです。

それで、扇風機って本当にいいのかなぁー?と疑問に思いました。

 

扇風機に長くあたると、体がだるくなる?

調べてみると、私のように扇風機に長くあたるとだるくなる人がたくさんいました。それにやっぱり、体によくないとわかりました。

 

扇風機も体を冷やす?

扇風機って、エアコンほどの冷気じゃないから、つけっぱなしにしてますよね。

実は、半ば無自覚のうちに、体が冷やされてしまうようです。

 

これは、人が感じる体温は2つあって(深部温と皮膚温)、このうちの深部温に関係するそうです。人の体温は、表面は環境によって変化しますが、内部の温度は一定に保たれるようになっています。ところが扇風機によって気づかないうちに、この内部の体温が低下してしまい、体が「だるい」というアラートを出すようです。

 

こんな記事もみつけました。

「使い方次第で、快適に過ごせる便利な道具にもなれば、逆に体温を下げすぎてしまうことある」。こう指摘するのは、住居での快適な暮らし方について研究する奈良女子大学の久保博子准教授。扇風機の風は意外と強く「『弱』に設定して運転しても、体に直接風を当て続けると、皮膚の表面温度が1時間で1度下がることもある」と話す。体が冷えると「疲れやすい」「肩が凝った」「下痢になった」などの症状が出てくる。下手をすれば、風邪をひくこともある。

引用:https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK0702G_X00C11A6000000/

 

 

扇風機をつけっぱなしで寝て翌朝足がつった、という体験談もありました。

 

(実験)裸で扇風機にあたり続けてみた結果、、、

扇風機に長くあたっていると、身体がだるくなるのはなぜ? | RadiChubu ...

 

実は私、調べるより先に、裸で扇風機にあたればもっと快適じゃないかと思って、試したんです。暑いなら裸になっちゃえば?というチープな発想です。

家なら家族しかいないので気にする必要がないと(言い聞かせ)やってみたんです。

 

その結果、実際に自分の体で思い知ることになりました。

 

やったことは以下です。

・エアコンはOFF、窓をあける

・上半身は完全に裸(下着も一切つけず)、下半身はパンツだけ

・扇風機を「弱」「首振り」にして定期的に風があたるようにする

 (風を家族でわけわけするため)

 

その結果、扇風機をつけた始めのうちは、「あ~快適!」と感じました。

ところがしばらく経たないうちに、顔がほてる感じで辛くなってきました。

扇風機の首振りが自分から去ったと同時に、体の内側の熱が一気に顔から吹き出る感じでした。同時に水分も奪われる感じで、なんとも言えない不快さです。

 

かといって、扇風機を消した途端に一気に「暑さ」が襲ってくるので消せません。

 

一時間も経たないうちに、お腹が痛くなりました。

下痢です。

ここからは、下痢でトイレに行って、部屋に戻った瞬間にまたトイレ、、、と30分以上繰り返して、何も手に付かず。。

 

はじめ、食あたりかな?と思ったのですが、裸で扇風機に当たるのを何日も試したところ、その時だけ必ず下痢になったので、扇風機だと確信しました。

 

扇風機の風が、想像以上にお腹を冷やした結果だと思います。

そこで、タンクトップを1枚着て(お腹を布で覆って)過ごしたところ、だるさは同じですが、下痢の方はピタリとなくなりました。

 

ほてるのは顔だけじゃない!?

みなさんも扇風機にあたる機会があったら、自分の体を注意して感じてみればわかると思いますが、ほてりを感じたのは顔だけではありませんでした。

 

風に直接あたった腕や足など、肌という肌がほてって、辛さを訴えていました。

 

この経験で私が学んだことは、

風を直接肌に当ててはいけない

ということです。

 

とはいえ、長袖長ズボンで扇風機にあたると、熱が体にこもって別の問題になるので、要は、できるだけ肌に直接風を当てないようにすることが大事だとわかりました。

 

実際に、首振りが直接自分に向かないようにして、部屋全体の風がほのかに当たるようにしたところ、だるさが格段に改善されました。

 

扇風機の電気代は大丈夫?

f:id:naru443:20200808094643p:plain


エアコンつけるなら、温度を高めに設定して、扇風機と併用するといい、とよく言われますよね。本当に扇風機は電気代がかからないのか、一応調べてみました。

 

一般的な30cm羽根のついた扇風機は、どのメーカーのも概ね、10~35W(50Hz)/12~37W(60Hz)、DCモーターの場合は1.5~20W(50・60Hz)程度です。(DCモーター機は微風時の消費電力が数W程度で、かなりの省エネ家電でした)

 

古くからあるACモーター機の場合の電気代は、消費電力を35Wとした場合(この場合の風量は「強」です)、電気代は1時間あたり約1円。24時間つけっぱなしでも約23円となりました。「強」を24Hつけっ放しなんて考えにくいので、マックスでもこれだけで済むということで、エアコンの性能が上がったとはいえ、扇風機とは比べ物になりません。

 

購入価格もエアコンは安くても数万円はするのに、扇風機なら数千円~で手に入るので、断然安いですね。

 

コスパを考えると、扇風機はとても優秀! 

とわかりました。

 

まとめ

扇風機は、上手く使えば非常にコスパのよい方法でした。

 

ただし、私たちが想像する以上に、体の体温を奪ってしまうため、肌に直接風が当たらないように注意が必要です。

 

特に、顔に風をあてないようにする のがポイントです。

顔だけは服で覆えないのもありますが、経験上だるさを特に感じやすいです。

 

また、風が直接体にあたらないなら、裸で過ごすのもありです。

 

 

今回はここまでにします。

ほかにも試したことを書いていきたいと思います。

みなさんも、扇風機を上手に使っていきましょう!