一手間で、安い鶏肉が美味しく変身!

f:id:naru443:20201123013203p:plain


安くて家計の味方、鶏肉は、簡単な一手間を加えるだけで、見違えるほど美味しくなるって知ってました?

 

それは、塩で下味をつける ことです。

具体的には、鶏肉の重量の0.5%の塩を鶏肉全体にすりこんで1時間寝かせます

 

フランス料理では0.6%らしいですが適当で。たったこれだけの手間ですが、鶏肉の内部まで塩味が染み込んで、肉が締まって断然旨味のあるお肉に変身します。

 

ただ、日々の家事で小数点1桁の計量なんてやってられません。

 

市販の鶏肉は平均して一枚300g位です。その場合、塩1.5g を計量すればよく、

小さじ1/4となります。(小さじ1=塩6g相当  砂糖は半分の3gと覚えておこう)

 

ですがそれも面倒なズボラーはもう一越え、

鶏肉2枚に、塩小さじ1/2でいいじゃん!

私は鶏肉を切りよく4枚買うようにして、家に帰ったら小さじ1の塩をすりこみます。念のためパックのグラム表示をチェックして加減すればいいので楽ちんです。

 

どうせ塩をすりこんだ手にも塩が残るわけだし、肉の重量が多少違っても適当でよいのです(と自分に言い聞かせ)。大丈夫、これで十分美味しくいただけています。

 

やってみよう

さて、今日も牛兆さんでブラジル産の安い鶏肉を買ってきました!

写真の奥にもう1パック、全部で4枚です。100g 58円という安さ。

f:id:naru443:20201122181635j:plain

 

下味用の塩(小1)をすりこんで、冷蔵庫で1時間寝かせてから調理開始です。

 

半分は1枚を2分割にして粗びき黒コショウをふって、もう半分は一口大にカット。オリーブオイルで皮目を下にして皮がパリっとなるまで焼いたら、裏面も色が付くまで焼き、一旦取り出します。

f:id:naru443:20201122224040j:plain

 

すごい量の鶏の油です。もちろん捨てずに上澄みをビンに入れます。

f:id:naru443:20201122225736j:plain

 

この油、鶏油(ちーゆ)といって、中華料理やラーメンのスープに使われていて、旨みたっぷりの万能調味料といわれています。一緒いネギも炒めて香りづけすると更にいいんですが、そこはこだわらず。

f:id:naru443:20201122225902j:plain

 

旨味だけじゃなくて、抗酸化作用のあるビタミンE、セレン、アルツハイマーに効くコリンといった健康にいい成分が多く含まれています。牛や豚の油と比べてコレステロールが少なめなのもいいですよね。ただ、カロリーは高いので大量には摂りません。

 

保存は冷蔵庫で1ヶ月、白く固まると使いづらいなら常温で1週間です。色々と使えますよ。チャーハンを鶏油で炒めたり、ラーメンに垂らしたり。

 

さて、話を鶏肉に戻します。

 

コショウをかけて焼いた大きい方の鶏肉は、そのまま食べる時にレモン汁をかけていただきます。ただ焼くだけなのに鶏の旨味があってとても美味です。

さっそく翌日の朝食に使いました。

f:id:naru443:20201123085528j:plain

 

一口大の方は、フライパンに戻してさらに調理します。鶏肉300gに対してスイートチリソース大2と醤油小2を入れて火にかけ、タレを絡めたら、スイートチリ味の照り焼きチキンのできあがりです。大好きなヤミーさんのレシピ❤ 簡単で美味しいです。さっそく臭いに引き寄せられて、娘がつまみ食いにきました。

f:id:naru443:20201123012011j:plain

 

まとめ

いかがですか?

安い鶏肉は家計の味方。

どうせなら簡単な一手間で美味しい鶏肉に変身させちゃいましょう!

 

表面だけ塩味がついた肉と比べて、下味をつけると中身まで味がいき渡るし、肉が締まる感じになって旨味が増し増すよ。

 

ついでに新鮮な鶏油もゲットできるので、他の料理も美味しくなりますよね。

 

塩の量をいちいち計算して重さを計るのは面倒ですが、鶏4枚に塩小さじ1と覚えておけば大丈夫です。

 

ぜひお試しください!