鳥がやってくる、都会のベランダ

f:id:naru443:20210211212944p:plain

 

冬の都会に生きる鳥たちにとって、山で暮らす鳥たち以上に、食糧の確保って大変なのかな? 私の家庭菜園には鳥たちがやってきます。

 

ここは都会のマンション、3Fのベランダ。毎日くるのは ヒヨ と メジロ。いつもペアでやってきます。たまに雀がくるけど、最近は見かけないなぁ。

 

在宅で仕事をする機会が多くなり、毎日のように窓越しに彼らがやってくるのがうれしくて、休憩してコーヒーを飲みながら眺めていると時間を忘れてしまいそう。

 

ヒヨのお目当ては チンゲン菜

f:id:naru443:20210211203506p:plain

ヒヨは体長20㎝位、結構大きくて見ごたえがあります。でもせっかく育てたチンゲン菜を丸裸にされました。

 

ごらんのとおりの悲しい姿。 でも、お腹空いてるんだろうな…。

よし!北のベランダは君たちにあげよう。私達は南のベランダをいただくから… と思ったら、南側も見つかって、こちらもあっという間に丸裸になりました。

f:id:naru443:20210207115201j:plain


ヒヨドリにも好き嫌いがあるのか、丸い葉が食べやすいのかわかりませんが、隣の水菜やパセリには目もくれません。こちらは人間がいただきましょう。

f:id:naru443:20210207115146j:plain f:id:naru443:20210207115143j:plain

 

ちなみに、水菜は 再生野菜 です。スーパーで買った株を土に挿しておくと、根付いて育つのです。去年から始めた再生野菜、楽しくてはまってしまい、うちのベランダには何種類も再生野菜が育っています。

 

大根の葉もごらんのとおり。おいしそうでしょう? これにも無関心。

f:id:naru443:20210207115138j:plain

 

きっかけは ミカン

f:id:naru443:20210211205252p:plain

お次は メジロ。

こんな都会のビルの谷間に、まさかメジロが来てくれるなんて思いがけないことでした。渋い緑色が美しくて、目の周りが白いのが特徴です。体長15㎝位とありますが、それは尾っぽまで含んだ長さで、目視7㎝位にみえます。

 

実は、この記事を書くまではウグイスだと思い込んでいました。体が緑色というだけで、うぐいすと決めつけておりました。

 

Youtubeで早春賦を流して、春がきたらホーホケキョが聞こえるかな~、とワクワクしていました。なに、メジロと分かったからといって可愛さは変わりありません。

 

メジロ がやってきたきっかけは、ヒヨドリのために用意したミカンでした。ヒヨドリが食べた残りを、メジロが食べにくるようになったのです。

こうやってミカンを置いておくと、、、

f:id:naru443:20210121102255j:plain

 

次の日にはすっかり空っぽ。その上 ウンチまで置いていってくれます(笑

ちなみに、ミカンの間にあるのは再生用のキャベツの芯とネギです。

f:id:naru443:20210121102241j:plain

 

メジロの写真を撮りたいのですが、びっくりして2度と来なくなると淋しいので、勇気がでません。それどころか、部屋の中にいる私達の方が、怖がらせないようにゆっくり動いてしまいます。

 

でも、一生懸命食べている姿がかわいくて、これはどうかな?と葉っぱの茂みの中で何かモソモソ動いている姿がクソ~、やたらに可愛いゾ。

 

鳥がやってくる、都会のベランダ

鳥がやってくる、都会のベランダ

なんかステキな響きじゃないですか? というか実際ステキなんですよ。

殺風景でビルに囲まれた都会のうちのベランダが、ポッと明かりが灯るように色づいて、生き生きしてみえるんですもの。

 

この寒空の下、鳥たちがどれほどお腹を空かしているかと思うだけで、何でも食べていいよって気持ちになります。

 

毎日1個ミカンをあげるために、ふるさと納税で買った有田みかんのダンボールがどんどん減っていきます。カビが生えるくらいなら、これでよしなのです!

 

こんな事を大っぴらに話すと、フンの被害が!ってご近所から苦情が来そうです。

 

でも、地球上に生きているのは人間だけじゃないし、この土地も建物も私達だけのものじゃない。そもそも人間は、緑の土地を奪った加害者でもあると思うのです。そのせいで他の動物が生きづらい。

 

だから、鳥のフンなんて大した問題じゃないんだー(と声を大にして言いたい)

 

昔、馬車が移動手段だった頃は、道のそこら中に馬のフンが転がっていたというし、人間も糞尿を窓から外に投げ捨てていたのだし。それを踏まないようにヒールの靴ができたといいますから。それでいいじゃないかって。

 

こうしてたくさんのベランダに、たくさんの餌が置かれて、たくさんの鳥がやってくる都会になったらどんなにステキだろう。あちこちで鳥の声が聞こえたらどんなにステキだろう。思いを馳せてしまう、よしまるでした。