セイタカアワダチソウの魅力

f:id:naru443:20201028214303p:plain

 ここのところ食べ物ネタか植物ネタばかりなんですが、なんせ秋なので、私の心も自然とそっちに向いてしまいます。

 

さて今日は、空き地などでよく見かける雑草「セイタカアワダチソウ」についてです。

 

この季節になると、セイタカアワダチソウの花を大量に採っています。

なんせ雑草ですし誰からも見向きもされないので、空き地で取り放題です!

 

さらにこの市有地は、わざわざ除草剤など撒きません。そんなことに税金を回してはくれません。つ・ま・り、無農薬なんですよっ!

 

共同菜園の横の空き地に群生していたので、畑仕事の傍らで娘に採ってもらいました。

追記:翌日草刈り業者さんが来て、一面キレイさっぱりなくなりました。 

 

セイタカアワダチソウの誤解

みなさん、セイタカアワダチソウは花粉症の原因だと思っていませんか?

私もかれこれ10年前まで誤解しておりました。

 

実は、セイタカアワダチソウは虫媒花なんです。つまり、花粉を飛ばしません。

それに花粉の大きさ形も、花粉症のレセプターとは全然違うんですよ。

 

ではなぜ、そんな誤解を生んでしまったかといいますと、セイタカアワダチソウの近くに生えているブタクサが原因だったんです。これがブタクサ。

f:id:naru443:20201028215033j:plain

 

少し似てますねぇ。

このブタクサこそが風媒花であり、鼻をムズムズさせる花粉症の原因なのです。

逆に、セイタカアワダチソウは、人間にとって素晴らしい効能を持っているんです。

 

セイタカアワダチソウの魅力

10年前にこの事実を知ってから、セイタカ君は私の中で上位ランクの植物です。

 

元々、ネイティブインディアンが重宝する薬草で、別名ゴールデンロッド(黄金の鞭)とも呼ばれ、強風にも倒れない強靭な雑草です。

 

デトックス効果の他、アトピー、喘息、胃腸病・腎臓結石、腎臓炎、膀胱炎、リウマチ、乾燥肌、風邪、鎮痛剤、火傷、解熱剤など、万能薬のように使えます。

ヨーロッパでは葉を潰して、虫刺されや怪我の止血や洗浄液として利用したそうです。

 

日本に入ったのは戦後で、ある医者が日本に持ち帰ったという説、蜜源植物として養蜂家が大量に種を散布した説があります。私は前者押し。

 

そんなー、嫌われ者どころか万能薬だったなんてっ!と思うでしょう?

 

お風呂に利用する

娘が肌が弱めなので、我が家では主に風呂湯に使います。

一番薬効があるというつぼみの状態で、その下30㎝位の茎をカットします。

 

軒下にこんな風に吊り下げて1~2日乾燥させて完成です。葉も茎も使えますが、今年は家族に頼んだら葉がなくなってました。

f:id:naru443:20201028073832j:plain

 

本当はこれくらいがいいんですけど、今年は時期が少し遅かった!

f:id:naru443:20201028222301p:plain


屋内に入れて飾りとして吊り下げてて、思いついたときに使います。

部屋に雰囲気が出て、いいインテリアになりますよ。

f:id:naru443:20201101140900j:plain

 

どうです?少し雰囲気あると思ってるんですけどね。。

f:id:naru443:20201101140821j:plain


使い方は簡単です。お風呂に乾燥させたセイタカ君を入れて、熱めのお湯を入れます。

丁度よい湯加減に冷めたら、お湯に浸かります。

 

翌日もその翌日も、計3日間同じお湯を使います。3日目が最も酵素が出るらしいのです。我が家は追い炊き機能がないお風呂なので、風呂湯沸かし器を使って温めます。

コツは60℃以上にしないこと。酵素が壊れてしまうから。

 

お茶に利用する

もう一つは、お茶にする方法。

アトピー、胃腸病、鮫肌、癌、腎臓病、解毒作用があるそうです。

 

ですよね。お風呂で経皮吸収するか、お茶で消化吸収するかの違いですね。

 

お味は、、、菊の香りが非常に強くて、少々苦いです。

何かのお茶とブレンドした方がよさそう。

 

食べ物に困ったら野菜として利用する

調べていくと、日々の料理として食している人がいました。ツワモノです。

 

こちらのサイトの中から、いくつかをご紹介すると、、

ベーコン炒め

f:id:naru443:20201028230028p:plain

シーチキン和え

f:id:naru443:20201028230114p:plain

納豆和え

f:id:naru443:20201028230150p:plain

 

ほぅーっ、どれも美味しそうです。春がきたらいくつか試してみたいと思います。

ちなみにこの方、いろんな雑草を食べておられます。少し毒のある位なら平気で試しちゃうし、レパートリーも多くてとても参考になります。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

セイタカアワダチソウは、害ではなく、むしろ薬としての非常に多くの効能があります。今ではネットで販売されているほどです。

 

ネイティブインディアンが重宝する薬と聞くと、神秘的な魅力が倍増しませんか?

私はそれだけでハッピーな気分になってしまいます。

 

できれば9月のつぼみの頃に収穫しましょう。

吊り下げて乾燥させて秋~冬のインテリアにして、、、

風呂湯で楽しんで、、、

お茶にして楽しんで、、、

 

そして究極には、食に困った時のサバイバル野菜として使えるということを、ぜひ覚えておきたいものです!