千日紅は、楽しみ方がたくさん!

f:id:naru443:20200926222019p:plain


共同菜園に中村のおばあちゃんが植えていた千日紅を抜きました。

というのも、千日紅の前の年に植えていたヒガンバナの球根が、千日紅の間から出てきて、花を付け始めたからです。

 

クローバーのような可愛い赤白ピンクの3色が、6月頃から9月下旬まで長く咲き続けて、菜園を彩ってくれました。千日紅の名前は、長い間咲くことに由来するそうです。

 

水さえ欠かさなければ、真夏の炎天下でも元気に咲き続けてくれる丈夫な花で、育てやすい点も優秀です。

 

で。

待ちに待った、中村のおばあちゃんから聞いていたお楽しみがやってきました。

ドライフラワーです 

 

おばあちゃん曰く、

「千日紅はねぇ、ドライフラワーにしたら本当に千日(3年)色鮮やかに持つんだよ」

ということで、各自が切り花を持ち帰りました。

 

私も、日光の当たらない場所に吊るしました。こちらは玄関。

f:id:naru443:20200920145830j:plain


短いのはトイレに。殺風景な空間が一気に華やかになりました!

f:id:naru443:20200920151023j:plain


1週間経って花穂も葉茎も乾燥しましたが、色は健在です。癒されます~。

 

中村さんには、6月に柏葉アジサイのドライフラワーも教えてもらっていて、こちらも雰囲気があります。映りが悪いですが、現物はもっと黄緑と白が際立って清楚です。

f:id:naru443:20200920151108j:plain

 

ドライフラワーが出来上がったら、リースやブーケにしようと思います。

こんなのが作れたらいいなぁ。

[直径約23cm]千日紅のドライフラワーリース 

アンドフラワーロマンティカさんで販売されているリースです。

 

ハーブティーとしても使えるそうなので、試そうと思っています。

肌を若がえらせる、生理不順、ストレス解消の効果があるそうで、ヨーロッパでは、非常に人気が高いそうです。

f:id:naru443:20200926220426p:plain

 

きれいなピンク色のお茶になります。女子力高いです!

f:id:naru443:20200926221025p:plain

 

なに、この可愛らしさっ!

f:id:naru443:20200926220652p:plain

 

今回はじめて千日紅という花を知りましたが、こんなにも色々と楽しめるとは思いませんでした。

 

実は私、花なんて全然美味しくないしっ!と、これまで食べられる植物ばかり育てていたのですが、千日紅のおかげで花を育てるのもいいなって思いました。

 

来年もこぼれ種からの発芽を期待したいと思います。