ネイルアートの魅力

f:id:naru443:20201018225104p:plain

私このたび、初めてネイルアートをしました。

中性と言われる私ですが、いきなり爪が女らしくなって自分でも驚いています。

 

とはいえ一度はやってみたいとは思ってました。でも子育て中は家事に支障があるし、パソコンに向かう仕事だから何かと不都合だろうと、手が出せずにいました。

 

ある日、きっかけは思いがけずやってきました。

 

共同菜園のおばあさんがとても素敵なネイルアートをされていて、ネイリストの娘さんの作品だとわかり、私もやってもらうことになったんです!

 

人生初めの甘皮剥がしには緊張しましたが、自分の手がどんどんきれいになっていくのをうっとり眺めていたら、いつの間にか完成していました。

 

甘皮を剥がしてベースコートを塗った状態です。

一週間爪を切らずにここまで伸ばしました。

f:id:naru443:20201019005255j:plain

 

それがなんとご覧のとおり。みてくださいこの芸術作品、華やかでしょう~!

f:id:naru443:20201019005339j:plain

この花柄は、ネイリストさんの手描きです。花びら一枚から葉の一つ一つまで、思わず息を止めてしまうような細かな作業の連続でした。

 

今回は花柄を入れてもらうこと以外は、色柄を全てネイリストさんにお任せしたんですが、私の手の色に合う色を探して、全体のバランスをコーディネートしてくれました。

 

お値段の方は、この内容で 5,500円。一本550円と思うと高い気もしますが、作業をずっと見ていた中では正直「安!」と感じました。実際のところ、ネイル検定1級のネイリストが、材料を国産ジェルにこだわってこの品質なら、大阪では格安だそうです。

 

私の前の人は名古屋から来てましたし、遠いところは浜松から通っているお客さんもいるそうで、ファンが多いんですね。自分の腕で勝負しているのもかっこいいです。

 

ネイルアートの魅力

家に帰ってひとしきり家族に自慢した後、お茶をしに外に出ました。

あまりにうれしくて、レジでカードを渡すときも、咳をするときも、手を見せるように出してしまいました。洒落っ気のない私がこんなことするなんて初めてです。

 

どうしてこんなにウキウキしちゃったんだろう? なんて思いながら気がつきました。

 

ネイルアートって、している本人が見て楽しめるのがいいんですね。

 

ネックレスやイヤリングって、せっかく自分が気に入って買ったのに、身につけると自分では見れません。見れる機会なんてトイレで鏡を覗く時位ですよね。

 

でも、ネイルアートは日常的に目に入ります。パソコンやスマホをしてるとき、手を洗うとき、ごはんを作るとき。そのたびにうっとりして、楽しくなるんですよね!

これがネイルアートの一番の魅力ではないでしょうか。

 

一方で、一度つけたネイルアートは持って2か月が限界、短寿命なんですよね。

でも、そんな儚さもまた魅力だったりします。そうして次の絵柄を楽しめる。

 

ネイルアートの誤解あるある

f:id:naru443:20200927233114j:plain

 

今回ジェルネイルをやってみて、色々と誤解していたことが分かりました。

 

①洗い物や農作業ができないという誤解

マニュキュアだとすぐ剥がれるので、ジェルネイルも同じだと思っていましたが、意外にも丈夫で、ガシガシ洗い物をしても草取りをしても全然大丈夫でした。

 

逆に、意外にも良かったことは、誤って包丁が爪を切ってしまうケースで、ジェルネイルが爪を守ってくれて何度か救われました。

 

②パソコンのキーパンチがしづらいという誤解

今回短めの爪にネイルしてもらったので大丈夫でした。長い爪の方が洗練された感じになりますが、そこはガマンです。

 

③お手入れが大変という誤解

むしろ逆でした。爪を切らないので返って楽になりました。 

 

④爪が痩せてくるという誤解

ネイルを付け直す過程で爪の表面が削られるので、だんだん爪が薄く脆くなり、一定期間休眠(ネイルをしない期間)が必要だと聞きました。それはネイリストさんの技量によるらしく、私のネイリストさんは10年以上休みなく続けてこれているそうです。 

 

意外にも使いやすくて驚きました。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はじめてネイルアートに挑戦しましたが、自分の手が想像以上にキレイになったし、しょっちゅう自分で見て楽しめるのが気に入りました。それに意外と使いやすかったですし、しばらくハマりそうです。

 

節約マニアの私が必要でないものにお金をかける違和感は少しありますが、気分転換や記念日などに買う花束のようなものだと思えば、生活に彩が出るし、こういうのもいいな。

 

ずぼらーなので、通うのが面倒な中でどこまで続くかしら。でも、爪がのびてくるとさすがに格好悪いので、そうなったらつけ直しに行こうと思います!