ネジ釘接着剤不要の2重窓

f:id:naru443:20210114131458p:plain

我が家はマンションでありながら、窓がたくさんあります。

今日は2か所のうちの一つ、はめ殺し窓に2重窓をつけました。

 

リビングの隣、第2のリビング的な部屋の角に、約180㎝高のはめ殺し窓があります。通り抜け以外に使わないので暖房もなし。なのに朝起きると、窓と窓枠に大量の水滴がついています。このままじゃぁ窓枠の木部が腐りそう。

 

なんとかせねば…と思いながら、あれこれ方法を調べたり考えたりするうちに、頭が飽和して現実逃避… いつものパターンに陥りながらも、ようやく重い腰を上げました。

 

ガラス面にポリカーボネードを使うのは常套手段として、、、

f:id:naru443:20210114113313p:plain

 

悩みどころは枠。

既存の窓枠にネジ釘の穴を開けたくはないし、見た目が殺風景なのもちょっと…

 

無い知恵を絞って至ったのは、簡単で窓枠を傷つけない方法。

どうです?そんなに変じゃないでしょう?

f:id:naru443:20210114111827j:plain

想像以上に上手くできたので、費用と併せてご紹介します。

 

簡単、はめ殺し2重窓の作り方

■窓枠:縦180cm、横78cmのはめ殺し

■材料:(ホームセンターで購入)

・ポリカーボネード(910×1820mm)

・1×4材(19mm×89mm×1820mm)

・防水ペンキ

 

■作り方

1.下準備

ホームセンターで1×4材を半分の幅にカットしてもらいます。

お店のアプリの無料カットサービスを利用しました。

幅89mmなので、3mmの切り損を加味して43mm程度になればよし。

f:id:naru443:20210114115416p:plain f:id:naru443:20210114115716p:plain

 

3本のうち1本は、さらに長さを半分にカットします。

f:id:naru443:20210114120014p:plain

このセットで、ポリカーボネードと一緒に持ち帰ります。

f:id:naru443:20210114120558p:plain


2.枠材の長さを調節する

手始めに 横枠(下)から始めましょう。

 

窓枠の寸法をキッチリ測って、ギリギリ収まる長さにカットします。金槌で叩いて入る位のピッタリ感がいいので、ゆるくてスカスカよりは、きつくて入らない位にカットしてからヤスリで調節するのがいいです。

f:id:naru443:20210114122006p:plain


直角に正確に切りたいので、丸ノコか、ソーガイドを使います。ソーガイドは1台持っておくと、ちょっとした加工に便利ですよ。 

f:id:naru443:20210114121130p:plain

 

同様に、窓枠(上)もカットします。

横着して上下一度に切ったらダメです。上下でミリ単位の誤差なんて普通ですから。

f:id:naru443:20210114122109p:plain

 

横枠(下)と横枠(上)を仮置きして、縦枠材の長さを測ってカット。

f:id:naru443:20210114123149p:plain

枠が2セット分できます。

f:id:naru443:20210114123455p:plain

 

3.防水塗料を塗る

我が家の窓枠の木部はオフホワイトなので、同系色の防水塗料を塗りました。

塗料を塗るのは、見た目もありますが、万一2重窓の中でも結露になった場合に、木部を保護するという理由です。

f:id:naru443:20210114123802p:plain

 

4.窓枠(奥)をはめる

窓枠材の1セットを金槌で叩いてはめます。

直接金槌で叩くと枠材が傷だらけになってしまうので、先ほどカットした端材をあて木にしましょう。

f:id:naru443:20210114124352p:plain

 

5.ポリカーボネードをはめる

2枚の中空ポリカを、窓枠にピッタリ収まるようにカットしてはめこみます。

今回買った中空ポリカは 4mm厚なので、より効果を高めるために2枚重ね 8mm厚 にしました。

f:id:naru443:20210114124851p:plain

 

6.窓枠(手前)をはめて完成です。

f:id:naru443:20210114125020p:plain

こんなかんじ。

f:id:naru443:20210113212234j:plain

 

費用と効果は?

今回かかった費用は、計 4,750円 でした。

・ポリカーボネード @2,000円位 ×2 = 4,000円

・1×4材 @250円位 ×3 = 750円

・防水ペンキ  家にある余り(無料)

 

このサイズのはめ殺し窓は、市販の安いプラスチック製でも10万円以上かかります。それが木枠で1/20以下の費用でできるなら、作る方が断然お得です。 

 

さて、効果はどうでしょう? 雑ではありますが計ってみました。

 

すぐ隣の大窓の温度は、10.6℃

f:id:naru443:20210113211926j:plain

 

2重窓の方は…12.0℃。

f:id:naru443:20210113212125j:plain

 

その差2℃弱。もう少し差がでてもいいなと思いましたが、キッチン用の温度計だしその辺は仕方ないとして。でも、触った感じは全然違います。

全然冷たくない~!

ちょっと感動ものです。

 

翌朝、結露の状況を見てみました。

隣の大窓は、ガラスとアルミサッシの枠に細かな水滴がついていましたが、これまで大量の水滴が付いていたはめ殺し窓の方は、2重窓にしたら湿ってさえいません。効果抜群でした。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

2重窓は、結露防止の他にも、光熱費が大きく節約できるし、防音効果もあります。

市販品だと自分で取り付けをしても●万単位かかりますが、自作すればかなり安くて済みます。

 

特に今回のようなはめ殺し窓であれば、ネジ釘も不要なこの方法がおすすめです。

 

我が家は数年後の大規模修繕で窓サッシを交換するので、引き違い窓はサッシ交換の後に対策するとして、それまではプチプチでしのぐ作戦です。

 

もう1か所、結露の多い出窓の方も早くしなくちゃと思いつつ、今回で一息ついてしまい、しばらく放置しそうな予感…。