コーヒーかすの終着駅はゴミじゃない!無理なく楽しくできるサイクルを紹介。

 f:id:naru443:20200816135804p:plain 

談)最近家でコーヒー淹れる機会が増えたっショ!(by巻島)まさか大量のコーヒーかすを捨ててないよね? これ何かに使えない?って思う人もいるっショ! コーヒーかすは捨てるところがないんだって。飲んだら終わり、ポイッじゃない、ショ~ッ! テンション高くてすみません。

 

コロナになって豆屋が儲かるといいますか、家でよくコーヒーを飲むようになりました。そしたら大量のかすが出るようになって、なんかもったいないです。

これ、何かに利用できないかなぁと調べると、いっぱい出てきました。世の中それだけカスで溢れているという事でしょうか。にしても、愛されてるなぁ カスは。

 

中には無理矢理感のあるアイディアもありました。そこで今回、色々試して使えるものをピックアップしました。喜んでください。もうコーヒーかすは捨てなくていいです。

 

色んな活用法を試してみる

①消臭剤、除湿剤

乾かして靴や冷蔵庫の中に入れるだけ。数値は測定はできませんが、臭いが気にならないので効果はあると思います。魚グリルの臭い消しにも使えるそうです(我が家はグリル使わないので不明)。

 

②肥料

かすを堆肥化して土に混ぜると、土の通気性がよくなり微生物が増えます。かすは土の3大栄養素である チッソ(N)、リン(P)、カリウム(K)をたくさん含んでいます。だから優秀な肥料になるんです。

 

プランタ菜園サーはご存知と思いますが、土は野菜に養分を取られて減ってしまいます。なので土を補充しなければなりません。土はお金がかかる上に、重い袋を家まで運ぶのが大変です。

 

コーヒーかすを堆肥にすれば、相当量の土の足しになります。我が家は昨年からコンポストで生ゴミを堆肥化しています。一般的なコンポストと違って簡単で臭わないのでおすすめです。

 

ただし、そのまま土に混ぜてはダメです。ほぼ確実にカビが生えます。我が家でも数年前に失敗しました。また、カスには 草の発育を阻害する成分が含まれています。だからちゃんと堆肥化してから使いましょう。(虫よけ成分を含んでいるので、その目的で土の表面にぱらぱら撒くのはありです)

 

③虫よけ(蚊)

蚊はコーヒーの香りを嫌うため、燃やして煙を立てるとよいというので試しました。お灸のようじわじわ燃えると紹介されていたのに、何度も消えるので着火が面倒でした。匂いは… 蚊取り線香に似ています。

  

あれ…? 娘がさっそく刺されました。考えてみれば、蚊はコーヒーかすの香りを嫌うのであって、その煙を嫌うとは書いてありませんでした。

 

いやもう市販の虫よけスプレーの方がはるかに優秀です。それよりも家が煙くなるのが辛くて… これは使えません。

 

④ピンクッション、コーヒー染め

ピンクッションの詰め物としてコーヒーかすを入れるアイディアです。コーヒーかすには若干の油分が残っているので、針が錆びるのを防いでくれます。コーヒー染めも、「The コーヒー」といった色が出ました。

 

ですがこういう類は一過性なので、日常で出る大量のコーヒーかすの消費には向いてないと思います。

 

⑤ヘアケア

コーヒーかすは髪に輝きを与え、更にかすで頭皮を揉めば肌が健康になり、フケを防いでくれるそうです。

 

んー、嫌な想像が頭をよぎりましたが、ここはよしまる、思い切って試しました。持続可能なアイディアだし、予想を良い意味で裏切るかもしれません。シャンプーとリンスの間に、かすを髪に揉み込んでゴシゴシ、ゴシゴシ…。

 

結果は?

一回ではよくわかりませんが、それよりも嫌な方の予想が的中しました。コーヒーかすの黒いツブツブが浴室中に飛び散って、一種のホラーな情景になりました。あとの掃除も大変。これはおすすめしません。

 

日常に取り入れられる、おすすめの活用法

結局色々試した中で、結局、日常的に出るカスを消費できる方法は、

消臭、除湿、肥料、この3つ です! 

 

ということで、この3つを使い倒す、我が家のコーヒーかす消費サイクルをご紹介します。これまでゴミだったカスの終着駅がプランターとなり、野菜へと生まれ変わる、素晴らしいサイクルです。

 

<準備編>コーヒーを淹れたらフィルターごと乾かす

コーヒーを淹れ終わったら、水分をしっかり絞って天日で乾かします。

注意)フィルターは丈夫ですが、接着部は破れないように注意して絞りましょう。

f:id:naru443:20200617125523j:plain f:id:naru443:20200617125624j:plain

 

活用① 消臭、除湿に活用

フィルターの口を輪ゴムで閉じて、靴の中に入れるだけ。消臭効果は1~2週間ですが、次のかすが続々やってくるので、どんどん交換します。

f:id:naru443:20200617125651j:plain

 

実際にはもっと奥までつっこみます。

f:id:naru443:20200617125717j:plain

 

活用② 靴をみがく

ここでフィルターがいい仕事をします。革靴に入っていた消臭剤は、交換時に靴の汚れ落としと靴磨きに使いましょう。まぁ、気づいたときだけです。義務化すると長続きしませんから。フィルターに染みたコーヒーの油分が靴磨きに良いのです。

 

活用③ 堆肥にする

靴の匂いを吸収したコーヒーかすは、最後にコンポストにポイします。穴ほって~♪ かす入れて~♪ まぜて~♪ 放置! 一週間で堆肥の完成です。

f:id:naru443:20200617130227j:plain f:id:naru443:20200617130315j:plain

 

一週間? 知ってる人はなにそれ?と驚きますよね。

多くのコンポストは数か月寝かせる上に臭います。でも我が家のは臭いもなく、すぐ堆肥化する優れモノ。だからマゼマゼが楽しくて、長続きするんですよね。

 

興味ある方はこちらをどうぞ。


 

最後に、残ったフィルターをポイ!

残ったフィルターは残念ながら捨てます。

 

いかがでしたか?

この一連のサイクルは、我が家でやって、無理なく楽しくできています。

コンポストのおかげで生ゴミがほぼなくなり快適。夏の臭いからも解放されました。

 

コーヒーかすは捨てる所がありません。飲んで美味し、育てて美味しです。

是非お試しください。