サイクル女子、真夏のおススメの服装は?しまなみ猛暑3日間で検証!

f:id:naru443:20210726021132p:plain

7月の連休に、二泊三日の初しまなみサイクリングをしました!

連日猛暑で立っているだけでバテバテ💦 でも、みんなと走るのは楽しかったです!

 

真夏、しかも泊でのライド。負担なく走れるように持ち物の軽量化には気を遣いました。ライドの着替えは持たず、毎日宿泊先で洗濯・乾燥させて使い回しました。少しの手間より、少しの重さが疲れに直結するので、これは大正解でした!

 

ただ、実際に旅して良かったこと、失敗したことがあります。その辺りを備忘も兼ねて、女子の真夏ライドの服装、よしまるの思うところを書きます。

 

今回の服装はこんな感じ。みたところ至って普通でしょ?でも細かい所に少し気が回るかで、快適さが全然違うと分かりました。

 

f:id:naru443:20210725205825p:plain

  

①ヘルメット、バンダナ、サングラス

で、実際どうだったかというと、、、

 

やはり真夏のライドにサングラスは必須でした。日差しがとてもキツくて、ないと確実に目がやられます。あと、前走者の後輪から飛んでくる小石や砂埃が目に入るのを防げるのもすごく助かります。たまに虫もぶつかってくるのでその対策にもなります。

 

ただ、サングラスって耳や鼻に違和感があるわズレるわで、よしまるには辛いです。その点最近買った OGK kabuto vitt というメットはサングラスが必要ないので、ムチャクチャ重宝しました。

 

見てくれがガッチャマンみたいですが(昭和💦)、シールドのお陰で視界は広々、蒸れないし、不要な時は走りながらマグネットを外してヘルメットに引っ付けておけるので脱着もラクチンでした。

f:id:naru443:20210623224553p:plain

 

なにより顔の日焼けを防げるのは超有難いです。この暑さでは日焼け止めなど汗であっという間に流れてしまうのです(-_-;)。シールドがシミが気になる頬骨まで覆ってくれるので、安心感がハンパなかったです。サイクリング女子には超おススメです!

 

このメットだとヒサシのあるサイクルキャップは使えませんが、どの道サイクルキャップでは日よけになりませんからね。サイクルキャップの代わりにバンダナを巻きました。 

 

②長トップス&ボトム、レーパン

f:id:naru443:20210725222828p:plain

真夏ライドでは、少しでも肌が露出しているとヒリヒリに焼けます。それに体力も消耗します。長袖長ズボンが絶対おススメです。

 

サイクルウエアって速乾性はありますが、高額だし、肌に密着するので、体の線が出る服に抵抗があるよしまるは、こんな格好で走りました。

f:id:naru443:20210725221924j:plain

着るとこんな感じです。

f:id:naru443:20210722145408j:plain


タンクの上に超薄手の長袖をダボっと重ねることで通気性がよく、体の線も気にならず、フフ、我ながらイカすコーディネートをしたな、と思ったのです… がっ! 

 

初盤はシャツが風にヒラヒラなびいて爽快に走れたのですが、少し疲れてくると空気抵抗が辛くなってきました。えっ、こんな些細なことで?と思うかもですが、これが侮れんのですよ!下り坂でスピードが落ちるというありえへん空気抵抗を経験しました。

 

あぁ、だからなのね、サイクルウエアがピチピチなのは。…とはいえ買うにはまだ抵抗があるので、追い追い考えようと思います。

 

あと、先程日焼け止めは汗で流れて意味ないよって書きましたが、一緒に走った女性Mさんに教えてもらった Top Athlete Sun Protect “Fighter”。 4,000円以上と高額ですが、持続性と耐水性が素晴らしくて、汗で流れず絶対に焼けないそうです。

f:id:naru443:20210725221257p:plain

今回よしまるは、1000円以下で買った、SPF50++++、石鹸で落ちると書かれた日焼け止めを手足顔全部にたっぷり塗って、その上に長袖長スパッツを着て臨みました。それでも日差しがキツくて服の上からでも焼けました。半袖よりはずっとマシですけどね。一方Mさんは全然焼けず。これがお値段の違いなんだなと理解です。真夏はウエアと強力な日焼け止めクリームの二重対策がおススメです。

 

③靴下、シューズ

一緒に走った人の多くは、ビンディングシューズという、ペダルとシューズが一体になるタイプでした。ペダルと一体になると、足を上げる時もペダルを漕ぐ力にできるので、より省力で走れるのです。(と、弱虫ペダルでも誰かが言ってましたね)

f:id:naru443:20210725215442p:plain

 

ただ、ビンディングシューズだと、専用のペダルとお揃いで高くつくし、転倒時に地面に足を着けないので怖いしなぁ。あと、降車して歩く時に辛そうなのを見ると、よしまるはスニーカーでいいやと思いました。

 

④手袋

手袋は暑いし脱着が面倒なので「あーっ、もう要らん!」という思いに駆られますが、転んだ時に皮がズル剥けするので絶対必要!と師匠から言われて着用しています。

 

ただ、サイクリング用は革製が多くて、汗や臭いが付いても洗濯できません。よしまるは家にあった布製UV手袋にしました。

 

転んでいないので布製の安全性はわからないですが、日焼け防止の点からいえば、手袋は絶対必要だと思いました。通気性があるし毎日洗えるので、よしまるはこれからも布製がいいかな。ただ、、、

 

指ありか、指なしか?

事故時の安全を考えれば、指ありがいいに決まっていますが、汗の摩擦もあいまって、脱着がものすごく面倒です。なので私は指なし押しです!

 

露出部が日焼けするかも、と心配しましたが、そこはハンドルの下側で日光に晒される時間は少なかったです。今回の猛暑3日間ライドでも焼けませんでした。ちなみに、使ったのはこういうタイプ。第二関節までは保護できるように、という折衷案です。

f:id:naru443:20210730101343p:plain

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回の真夏ライドでは、ナマジ日焼け対策では歯が立たん!と痛感しました。

①できるだけ服で体を覆うこと

②服の下の地肌にも日焼け止めを塗ること

③日焼け止めはいいものを使うこと

 

これを徹底しようと思います。また、少しでも荷物を少なく快適に走るために、

④ ウエアは1着、コインランドリーがある宿を選び、着いたら洗濯

⑤ 乾きやすい生地のウエアを選ぶ

 

転んでも女子ですからね、しっかり日焼け対策をしながら、ライドを満喫しましょう!