【よしまる流儀】作れないものだけを買う

f:id:naru443:20201107211318p:plain

 

周りからよく「よしまるさん(仮称)は、何でも作っちゃうんだね」と言われます。

私は何でもまず「自分で作れないかな」とか「捨てずに何かつかえないかな」と考えてしまうのが癖でして。。

 

それはもう幼少期からずっと。母は、幼稚園の先生から「娘さんがゴミ箱から「これも使える」と色んな物を出してくるので困っています」と言われたそうです。

 

「それくらい買えばいいのに」「ケチ臭い、貧乏臭い」と言う人もいます。以前同僚に風呂湯の三段活用の話をしたら、ドン引きされたことがあります。

 

でも、私にとってはお金の問題じゃなくて…むしろ生活が豊かになることの方が多いと思ってます。なので、抵抗感がない人には「作ってみる」をおすすめしたいです。

 

お金をかけずに豊かさが手に入る

世の中、材料は安いのに、少し人の手が加わるだけで一気に値段が高くなるものがいっぱいあります。

 

例えば外食。

安い食材を使っても、レストランで食べると何千円もかかるよね。

 

例えば化粧品。

自分で材料を買って混ぜれば100円なのに、買うと数千円にダンピング。

 

例えばジャムやソース類。

特売の果物を使えば無添加のジャムが激安で作れるし、バジルペーストだって、ベランダで育てたバジルで大量に作れるのに。。

 

加工食品って、作るのと買うのとでコストが大きく違います。買った方が安いのはもやしくらい。ヨーロッパではもやしは400円位するからね、これが適正価格だし。

 

苗だって。種から育てれば大量に作れるのに、苗1本が種一袋と同じ価格です。

 

なんなら、お湯だって太陽がタダで作ってくれます。

 

幼児服は3ヶ月でサイズアウトします。

よしまるは、お兄ちゃんの服にレースを付けて妹に着せたり、袖や裾に布をつけ足せば、サイズを大きくしたりして、それが楽しかったこともあって、結果、子供服は靴以外は殆ど買いませんでした。でも布は買ったよ!

 

買う前に一度、自分で作れないかな?とイメージしてみるんです。

身の回りの多くのモノは、自分で作ることで、市販品よりずっと安くて品質のいいものを手に入れることができます。勿論例外もありますが、それを知ることもまた楽しい。

最近はネット情報が豊富に手に入るから、参考になるよね。

 

時短になることも多い

そういえば昔、らっきょうの皮を剥いてたら、夫に言われました!

「お金で時間を買うという発想も大事と思うよ」

 

あのときは、かなりムッとして(笑)…。

家事、育児を家政婦さんに委託すると、年1200万円かかるという記事をみせて、全部やってる私に払って頂戴って言いました。そういう意図で言ったんじゃないとは思いながらも、なにもしない夫に言われたのに腹を立てたのですが…。

 

話を戻して。

お金で時間を買う? 実際に比べてみると、そうでもなかったです。

そこには思い込みが多分にあると思いました。

 

例えば、家庭菜園。

紫蘇やネギなど、少しだけ欲しい薬味とか、わざわざ買い物に行くと往復1時間かかる野菜が、ベランダですぐに採れるなら、こんな時短ありません。

 

続いて洋服。

使い古したロンTは、袖を切ればTシャツに、さらに切ってタンクトップにすれば、夏の肌着になります。お店に行って選ぶのって、意外と時間かかるけど、切ればあっという間です。

 

生ゴミは刻んで、ベランダの自作コンポストにポイ。放ったらかして1週間で堆肥になります。堆肥を買う手間もなくなり、ゴミ捨てが週1回に減りました。

 

外食だって、家とお店の移動、注文に悩む時間、出来上がりを待つ時間とか考えると、家で作った方がはるかに早いことって、いっぱいあります。

 

単純に、買うものが多いと、それだけ面倒が増すんだよね。。

やれ今日はトイレットペーパーと醤油が切れた、洗剤がなくなりそう。で、あの店とこの店に寄って…考えるだけで鬱陶しい。買うものが少ないと、それだけで楽~。

 

色んなことに応用できる、楽しみが増える

買わなくても、家にあるナニカで代用できないかな?作れないかな?

ちょっと工夫すれば、買うよりずっと楽な生活ができます。その工夫を他にも応用して、「作れる」が増えて更に買う必要がなくなります。

 

例えば、先ほどのロンTの活用をタートルネックにも応用したら…とか。これで冬の肌着を買いに行く手間が減りました。最近は無縫製下着が流行っているので、ジムで着替えしてても、気づかなかったって。

 

ある日、スーパーで買った小松菜の株元を土に挿したら再生したので、じゃぁほうれん草は?水菜は?ミニトマトは?という具合にベランダ菜園が広がって、色んな野菜を育てて食べれるようになりました。もちろん無農薬!

 

こうして「できる」が増えると、できないと思い込んでいたものでも「もしかしたら」と考えるようになります。そういう思考がさらに広がりを生んで、色んな視点でモノをみれるようになると、楽しさも広がるってもんです。

 

まとめ

いかがですか?

 

何でもまず「作れないかな」「捨てずに使えないかな」と考える癖をつけると、いいことがいっぱいあります。

 

作った方が買うより早くて、いいモノが手に入ることもいっぱい。こうした工夫を応用して「作れる」ことが増えれば、さらに買う必要がなくなります。

 

人生の中で、買い物に使う時間がどれだけあるか、考えたことありますか?

結構多いと思いませんか?それを時短できたら、したい事にたくさん時間を使えます。

 

時間をお金で買う?

したい事に十分な時間を使えないなら、それも大事と思うけど、時間=体験、思い出、スキルアップの機会と考えると、お金を払って捨てるのも残念だなぁ。少なくとも、そういう天秤にかけれる思考でいたいものです。

 

「できる」が増えると、「できるかもしれない」と考えるようになって、それがさらに広がりを生み、楽しさが増えます。私にとっては、空想している時間がハッピー。まさにプラスのスパイラルです。

 

貧乏臭いと思いますか? よしまるはそうは思いません。

 

以前、何かの番組で、菅田将暉さんがカバンの代わりにスーパーの袋を持ち歩いていると聞いて、「かっこいい!」と思いました。ポケットに入るコンパクトさ、圧倒的な軽さ、そして防水。

 

だから買う前に一度「作れないかな?」「代用できないかな」と考えてみましょう。余計なものを買わずに済めば、お財布にも、自分の時間にも、地球にも、やさしいのではないでしょうか。(お部屋もスッキリ!…してるはずなのに)